▲トップへ

輪島市朝市組合オフィシャルサイト 輪島朝市の情報が満載!

輪島朝市の歴史

輪島の朝市の歴史は古く、平安時代から行われていたという文献があります。
つまり、1000年以上の歴史があるんですね。

神社の祭礼日などに生産物を持ち寄って、物々交換しあっていたのが市の始まりだと言われています。

それが、室町時代には毎月4と9の付く日に市が開催されるようになり、明治時代には毎日、市が立つようになって今に至っています。


輪島朝市は通称『朝市通り』と呼ばれている約360mの商店街で毎朝行われていて、今では200以上の露店が立ち並び、たくさんのお客さんが訪れています。

この露店についてですが、輪島朝市の営業権利は、朝市組合といったものに加入しなくてはダメで、店先に自分のフルネームが書かれてる看板を見えるところに付けとかないといけません。

そして、この営業権利は先祖代々引き継がれています。
ですから、誰でも自由に、朝市で店を出すことは出来ない様になってます。


輪島朝市は、地元の台所として多くの人から利用されていました。

近年は大手のスーパーが出来て、時間に拘束されることもなくお買い物が出来るようになりましたので、今では観光客の比率が多くなっています。

カテゴリから探す お店情報